トコフェロンEは血行障害に効果!3つの防止策で冷え性解消

hiesyou_woman.png
冷え性や血行障害で悩んでいませんか?

私はかなりの冷え性なんですが、
ずっとパソコンに向かって、1日10時間以上、
座ったままで仕事をしています 。

長時間、座って同じ体勢でいると
血行障害になりやすいと言われていますが、
私の場合は冷え性で足がむくみ、帰社する頃には
足が重くなったように感じます。

1年前、足に黒ずみができたため、
病院に行って、血行障害を診断してもらうことに。

下肢静脈瘤とわかり、手術までしたのですが、
もともと冷え性ということもあり、
その後も足のむくみや黒ずみは消えません。

妻が薬剤師なので、何か良い薬はないかと聞いたところ、
トコフェロンEナチュールなら血行障害に効果がある
と教えてくれました。

そして、冷え性を解消するためにトコフェロンEナチュール
(以下、トコフェロンEと略す)を購入して
以下、3つの防止策をすることにしました。

1つ目の対策は血液の流れを良くすることです。

冷え性や足のむくみなどに悩んでいる人は
血行障害というケースが多く、
血中でコレステロールなどとくっついて酸化し、
血液の流れが悪くなっているんですよね。

トコフェロンEに含まれている
ビタミンEは血液の流れを良くする効果があるので
血行障害がなくなり、手足の冷えやしびれなどを防止できます。


2つ目の対策は夜にぐっすり寝ることです。

夜、眠れなくて、睡眠不足になると、
肝機能の働きが悪くなって、食生活に影響を及したり、
生活習慣の乱れなど、冷え症を引き起こす
原因となります。

トコフェロンEに含まれている
ガンマ・オリザノールは自律神経を安定させる働きがあるので
ぐっすり睡眠をとることができて、冷え症を防止できます。


3つ目の対策はビタミンEの不足を防止することです。

1つ目の対策でお話ししましたが、
ビタミンEは血液の流れを良くするので、
血行障害を防止します。

しかし、成人の場合、
ビタミンEの摂取が必要な量は1日100mgと言われていますが、
十分な量をとることは難しんですよね。

すなわち、食事からビタミンE100mgをとるとすると
ウナギなら蒲焼12枚、トウモロコシなら57本、西洋かぼちゃなら1.1個くらい
食べる必要があります。

このように食事からビタミンE100mgをとることは難しいため、
トコフェロンEを飲むことでビタミンEの不足を補えます。


トコフェロンEを血行障害の対策のため、
購入して、服用をはじめました。

以前は夜、寒い日はこむら返りで
目が覚めることがありました。

足がつって目が覚めるのは
本当、最悪ですね^^;

トコフェロンEの効果で冷え性による
血行障害も良くなってきているようで、
足の黒ずみも消えてきたように感じます。

最近は、寒い日でも足がつることもなくなったので、
快適な朝を迎えることができるようになりました。

冷え性で血行障害や足のむくみなど
悩んでいる方は1度、試してみては、
如何でしょうか?

↓↓↓
そのつらい冷えや肩こりに
『第3類医薬品』トコフェロンEナチュール