トコフェロンE ナチュールの副作用は?気になる成分を調査

medical_virus_kouseibusshitsu.png
トコフェロンEナチュール(以下、トコフェロールEと略す)
の副作用とその成分に関して、ネットで調べてみました。

トコフェロールEは第3種医薬品に属していまして、
第3種医薬品というのは一般用医薬品の中では
最も副作用が少ない医薬品です。

まず、トコフェロンEの成分から副作用を説明します。

トコフェロンEの成分は
ビタミンEとガンマ・オリザノールの2種類で
この2つの成分には副作用はほとんどありません。

1つ目の成分はビタミンEですが、
体にたまりにくいといわれております。

ビタミンには水溶性と脂溶性があります。

水溶性のビタミンB1, ビタミンB2などは
摂取しすぎた場合、体にたまってしまうのですが、
脂溶性のビタミンEはその働きが終えると尿として、
排出されるので過剰摂取にはなりにくいのです。

2つ目の成分はガンマ・オリザノールですが、
サプリメントに使用されるというほど安全な成分で、
副作用が出る可能性は0.1%以下といわれております。

但し、トコフェロンEは医薬品のため、
サプリメントよりは副作用が出る可能性があります。

使用方法としては1日3カプセルを飲みます。

私の場合は朝食後に1カプセル、
夕食後に2カプセルを飲んでいます。

このようにすれば、会社に持参しなくても済むので、
面倒くさくなくなりますよね。

服用をはじめてから、1週間くらいで
週間となって、続けられるようになりました。

但し、トコフェロンEは副作用が少ないと言っても
医薬品のため、使用方法をよく守って
服用することをおススメします。

トコフェロンEは肩コリに効果、1日3カプセル飲むだけ!
公式サイトはこちら

↓↓↓
そのつらい冷えや肩こりに
『第3類医薬品』トコフェロンEナチュール